• 様々な老人ホーム紹介

    超高齢社会の日本にとって在宅生活が難しくなっている人が入居する施設として老人ホームが該当します。

    しかし、老人ホームといっても多くの種類があります。
    今回は老人ホーム紹介を行いたいと思います。

    まず代表的なのが介護保険制度を利用して施設入居を行う特別養護老人ホームです。



    比較的安価でコミコミ5万円代〜となっています。主に日常生活の介護を受け、施設で最期を迎えることになります。
    次に介護保険から外れますが、近年需要が出てきているのが有料老人ホームです。要介護度の認定を受けている人が主な対象となり、食費、居住費の他、介護保険サービスを受けることができます。主なサービスは特別養護老人ホームと大差はないです。



    しかし、介護保険の負担軽減がが受けられないことから入居費用や利用料が高くなり、最低でも一月10万〜というところがほとんどです。


    そのほかサービス付き高齢者向け住宅やグループホームなどもありますが事業所によって名前がややこしかったり、似たような名称だったりするため、老人ホーム紹介をしてもらう際、入居を検討する際には、そこの事業所がどのような立ち位置の施設なのか確認することをお勧めします。また、老人ホーム紹介をしてもらう場所として、市役所や地域包括支援センター、社会福祉協議会などを利用するとよいでしょう。

    T-SITEならこちらが人気です。

    高齢者分野には特に地域包括支援センターがおすすめです。

    自分や家族がどのような老後を過ごしたいのかを思い描きながら老人ホームを探すとよいでしょう。